2015年12月05日

杉の無垢床

おはようございます!!
昨日はスタッフみんなで安全パトロールの日でした。

調度大工さんが床貼りをしている真っ最中でしたので、
床養生する前の貴重な瞬間に立ち会うことができました!!

優樹工房の標準仕様である無垢の床材は杉とパインどちらか選ぶことができます。
今回パトロールした現場の2階床は杉材です!(1階床はまたご紹介します)

杉もパインも厚みは【3p】というのは変わりありませんが、
P1010235.jpg

杉に関しては仕入れ先をリニューアルしまして、現在【巾18p】!!の幅広仕様。
P1010234.jpg
無垢の木目が優しく、さらに幅広の力強さも感じます

無垢の床板は一枚一枚、大工さんが丁寧に貼ってくれます。
一般的な合板フローリング(巾30p)に比べると断然手間がかかるのですが、
その分、手仕事の温もりも感じることができるのですね。


posted by 優樹工房 at 08:45| Comment(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。