2015年07月23日

無垢の木材と健康

皆様こんにちは
北村です。
本日は木材と健康についてお伝えいたします。

優樹工房では、無垢の構造材を標準として使用しています。
無垢の木はとても体に優しい と昔から言われていますが、
昨今、保育園、幼稚園、学校等の木造建築化が見直されているそうです。

森林A.jpg

1997年に環境を考慮し、省資源、省エネルギーを取り入れた学校施設である
エコスクールの推進が始まりました。エコスクールの事業タイプの一つに
木材利用型があり、政府も学校施設の木材利用や、内装の木質化を奨励しています。

理由としては、教室などの環境に木を使用することは情操教育という面からとても
効果があり、木の暖かさと優しさは豊な感性を育て、精神的にも肉体的にも快適で
潤いのある環境を提供してくれるからだそうです。

森林B.jpg

αピネンの効果・・・・・・・・

森に行った時に感じるさわやかな香り。

それは樹木の幹や葉から発されるテルペンの香りです。
樹木は自己防衛のために発散される物質が50〜100種類にも及び、
その中でも最も多い香りの成分をテルペンと総称しています。
そして、テルペンの中でも代表的な物質 αピネン(アルファーピネン)は
人間の自律神経に良い影響を与え、リラックス状態にしてくれることが
研究の結果わかってきました。  

この効果を上手に取り入れようというのが森林浴です。
αピネンは ほとんどの樹木の中に少なからず含まれており、
切り倒されて木材となった材料からも検出されています。

人間の精神に安らぎを与える無垢の木。
優樹工房の家のスタッフとして
大切な一員だといえると思います。

森林@.jpg

☆ 優樹工房の大工さんが よくおっしゃるのですが、

  「やっぱり無垢の木で仕事をするのは気持ちがいいね!!」 わーい(嬉しい顔)  わーい(嬉しい顔)

  と言っている意味が改めて 腑に落ちてわかったような気がしました。ひらめき

posted by 優樹工房 at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。