2015年06月08日

GRRシート工法

こんにちは、作田です。

もう6月!2015年になりあっという間にもう半年も経ってしまったのですね〜
ということは今年もあと半年で終わりということですねあせあせ(飛び散る汗)
今月は上旬に一気に3棟のお引渡しがありますぴかぴか(新しい)
お引き渡しの際にお施主様からこれまでの思いをお聞きして、いつも感動です
そして現在3棟木工事中です!

今日はその木工事中の相模原市のM様邸の地盤改良工事をご紹介します!
M様邸はちょっと変わった改良工事を行いました。
住宅でよく行われる工法は表層改良、セメント系固化材を用いた柱状改良や鋼管による杭状の地盤補強ですが、
今回は「GRRシート工法」という地盤補強を行いましたひらめき
この工法、ものすごく簡単に施工方法を説明しますと・・
@砕石事業
(これにより剛性補強)

032.jpg

A特殊なシートを縦・横に張ります
(2方向にはることで土のせん断抵抗を高めます)
052.jpg

Bこの後、通常の基礎工事

このように地表面付近の補強で
イメージはトランポリンのようにピンっと貼られたシートが引っ張られて住宅の不同沈下を防いでくれるというもの!世界各国の空港滑走路・高速道路・ヨーロッパ高速列車TGVの路線等に使用され実証済みの安心・安全の住宅用地盤対策工法です。

この工法の良いところはひらめき
・地盤固化材を使用しないため地盤汚染がない
・将来建て替えの際にも撤去が容易(燃焼処理することが可能)
・重機の使用がないため狭い場所や重機搬入が大変な段差があるときも施工可能
・工期が短い

ただ、液状化の恐れがある地盤や、地上3階以下の建物であること等、
適用条件がいくつかあります。

今回M様邸は他の工法よりもコスト面も含め総合的に考え、このGRRシート工法が適していました。

建築する際、調査してみないことにはわからない地盤改良工事。補強が必要な場合はコストもだいぶ掛かり、予算的にも不安なところですよね。いつも調査結果がでるときはドキドキです(>_<)
でもどんなに建物が強くても地盤が弱くては意味がないですもんね。。


地盤からしっかり補強いたしました
M様邸も順調に工事進んでおります\(^o^)//
033.jpg


posted by 優樹工房 at 20:02| Comment(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。