2015年04月07日

シラス壁 そのA 性能テスト

こんばんは。佐藤です。

前回に引き続き、そとん壁についてご紹介します。

今回は、説明会会場で展示していた耐久・性能テストの写真をご紹介します

まずはそとん壁の施工工程がわかりやすく紹介されていたこの写真。そとん壁.JPG

内側から
1、モルタルラミテクト(湿式用透湿防水シート)
2、そとんラス(波型ラス網 ※山高8o
3、スーパークラックノンネット(クラック防止ネット)
4、そとん壁W・下塗材/10o厚
5、そとん壁W・上塗材/8o厚
6、仕上げパターン/写真はかき落とし仕上げ
です。

撮影してみると、2のそとんラスがわかりにくかったので、横から写真を撮ってみました。
そとんラス横.JPG

弊社が、そとん壁を施工した写真がこちら。
そとん壁 下上塗り.JPG
ドアの周りに下塗り材が施工されています。
ドアの左側の壁は上塗り(弊社標準のスチロゴテ仕上げ)が施されています。

安全パトロールや、現場見学会などで現場を見に行くことが有りますが、大体が上塗りが乾いた状態の時なので、下塗りをじっくり見たのは上の写真の現場が初めてでした


見学会や、ショールームご案内の際に、

『実際のところ、そとん壁は水がしみないのか』

といったご質問を受けたことが有ります。

確かに、実際に体験していないので、性能の心配が有るのは尤もな事ですよね。
見学会で、そんな質問に一目で答えてくれる、防水比較テストがありました。
防水比較テスト.JPG
見学会の間、4時間弱、壁の裏側から水をあて続けた写真です。
左側は、モルタル壁、右側がそとん壁です。

モルタル壁は見た目でも水が浸透しているのがわかります。
表面を触ると、しっとりしていました。

そとん壁は見た目はもちろんのこと、触ってもぬれた感触は一切ありませんでした。


また、そとん壁は呼吸する壁!という事を証明してくれる、通気テストもご覧ください。
通気テスト.JPG

下から、空気の層・そとん壁W下塗り材・水 の順です。

まず、水槽の水が全く下の空気の層に浸透していません。
雨が降っても下塗りの層がシャットダウンしてくれることの証明になります。

水は通さない…でも空気は通します。アップでどうぞ
通気テスト大.JPG
空気の細かい泡は、下塗材が空気を通すことの証明ですね。


でも、実際のところ、写真だけでは物足りない!
という方にはyoutubeの高千穂シラスのページを検索してみてはいかがでしょうか。

動画で実験の様子を観察することが出来ます

私もこちらのページを参考に、ご案内のヒントをつかみたいと思います




posted by 優樹工房 at 18:04| Comment(0) | 素材・設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。