2014年10月14日

窓の耐風圧

こんばんは、荒です!
今日は台風の影響で今日も風が強かったですね。
夜中は、お家の窓が風で割れるんじゃないかというくらい窓が
ガタガタガタガタ動いて、時たまドンッと外で音がしていたのですが
あればなんだったのでしょうか(゜o゜)あぁ怖かった…

ところでサッシには耐風圧性能というものがありますが、台風つながりで少し紹介したいと思います。
JIS等級では耐風圧性は最高で7まであり、一般的な戸建て住宅の耐風圧性は、等級1〜3あたりで
1階から階数が上がるごとに等級を増えるのが目安になります。
(あくまでも目安で建物の高さや立地条件・その地区等によりことなります)

等級ごとにどれくらいの風速に耐えられるのかというと、
等級S-1:風速約36m/sの風圧
等級S-2:風速約44m/sの風圧
等級S-3:風速約50m/sの風圧

今回の台風19号が25m超ということでしたが、人は風に向かって歩けなくなり立っていられなくなり転倒する人も出るほどです。
沖縄では最大瞬間風速が45mを超えたそうです。。

最近のサッシの基本性能はS-3になりますので、3階でも安心なレベルとなりますが、
飛来物による破損は別になるので、さらなる安心や場所などを考慮するとシャッターやガラス対策の
検討をする必要があるのかなと思いました!

台風の多い日本では、大切な性能の一つですね。
posted by 優樹工房 at 21:32| Comment(0) | 素材・設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。